湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の街の人 > 抱く野心を“こころざし”に変えるその日を目指し

TOWNY 今月の街の人タイトル

2013年
8月

抱く野心を“こころざし”に変えるその日を目指し

合同会社こころざし 代表 志村・オリオン・冬樹さん

抱く野心を“こころざし”に変えるその日を目指し

茅ヶ崎・寒川の大人気店「茅ヶ崎チャンプルー」「ポークマン」「具志堅の家」「Okinawa Chicken house」と、沖縄料理で多業態展開を図る「合同会社こころざし」代表の志村冬樹さんにお話しを伺ってきました。

当日は仕込みの真っ最中にも関わらず、飾らない笑顔にエプロン姿で元気に登場された志村さん。社名の意味を伺うと「自分自身が相当な野心家で、時と場合によってはあらゆるものを蹴落としてものし上がろうと思っていた時期がありました(今も少しありますが(笑))。ただそれでは当然、失うものも沢山ありましたし、離れていく仲間も沢山いました…。いつしか、孤独を感じた時、このままではダメなんだと自分にいい聞かせ【いい人】になろうと努力と改善を繰り返してきました。世のため人のためになることを積極的に行い、いつか自分の野心を“こころざし”に変えるんだと!」。

茅ヶ崎の魅力と今後の展望をお聞きすると「地元色が強いのに、外からの人たちにもウエルカムな姿勢。一番の魅力は住んでいる人たちですね!今後は沖縄料理店を本場沖縄や海外にも出店していきたいですね!」とお話しを伺っているだけでも、志村さんの持つダイナミックなパワーや魅力に引き込まれていく、そんな充実した取材でした!