湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の街の人 > 目標は“茅ヶ崎のみんなの映画館”を設立 

TOWNY 今月の街の人タイトル

2013年
6月

目標は“茅ヶ崎のみんなの映画館”を設立 

移動式映画館「輪輪シネマ」
長谷川 文乃さん/高林 健さん

wawacinema.com
mail:wawacinema@gmail.com

目標は“茅ヶ崎のみんなの映画館”を設立 

 お会いしたのは茅ヶ崎駅前にあるStarbucks。一見クールな面持ちながら映画の話になると目を輝かせる高林さんと、お洒落で可愛らしい今風女子!それでいてしっかり物事の舵をとる長谷川さん。このお二人が現在「輪輪シネマ」というユニット名で活動をされています。茅ヶ崎に常設館の設立を目指しながら「新しい形の映画鑑賞空間」をコンセプトに移動式映画館を考案。内外様々な場所にて映画の上映を行っています。
 お二人は湘南地域最後のミニシアター「フジサワ中央」の元同僚同士。当時から互いの感性を認め合い「輪輪シネマ」設立に至ります。高林さんは元々俳優を目指されていて事務所に所属し芝居の稽古に奮闘。1990年に上映された「双生児」に魅了され、映画の道へドップリ。主に邦画を好む理由は「字幕や吹き替え版だと本質を感じ取ることができづらい」とド素人の記者を圧倒(笑)。一方、長谷川さんは青山学院大学にて映像作成に夢中の日々。フジサワ中央で感じた映写機・フィルムの音など、
ミニシアター独特の空気に魅かれ、心地よい空間の提供をモットーに「輪輪シネマ」のまとめ役として、日々活躍されています(アニメ好き☆)。
 「輪輪シネマ」の次回の上映は6/21〜22。作品は小泉今日子さん主演の『グーグーだって猫である』。場所は茅ヶ崎駅北口から徒歩1分「ハスキーズギャラリー」にて
開催します!