湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > MY LIFE > 「人となりを表す美文字」

TOWNY MYLIFEタイトル

雑誌バイザシーにて「+湘南SPICE」を連載中の
技拓株式会社、白鳥ゆり子社長のエッセイ。
スローライフの楽しみ方は必見。

TOWNY MYLIFEプロフィール写真
TOWNY MYLIFEプロフィール

本物の湘南スタイルを提唱する注文住宅 技拓株式会社 代表取締役。主に、家づくりのソフト面となるライフスタイルの提案を担当。心が豊かになる暮らし方、湘南での楽しみ方をコラムやイベントを通して紹介している。ブログはこちら

vol.
011

「人となりを表す美文字」

美しい字が書けるようになりたい。この時期頂くハガキを拝見する度に、心の中でため息交じりに常々思います。

会社宛に頂くお礼状や季節のご挨拶として、心のこもった達筆なお葉書を目にするたび、心を奪われてしまう自分がいます。字が美しいってそれだけで素晴らしい。特に年配の方から頂戴するお葉書の美しさは、目を見張るものが多いのです。さらりと書いた文章でも、字体の美しさで、味わいのある手紙として読んでもらえる気がしますよね。

字は、その人の「人となり」を表しているとよく言われますが、それは仕事をする上でも、実感できます。職業と字体も密接に関係していると感じることもあります。設計者の字体、編集に携わる方の字体。アーティストの方のものなど、なんとなく共通点すら感じることがある。更に、年齢や性別によっても文字に個性が浮き上がってくる。たとえ美しくなくとも、ユーモアで味わい深い字もあれば、せっかちさがそのまま文字に表れる人もいる。文字の大きさなどでも、その人の性格や仕事の質まで見えてくる場合もある。本当に不思議なものです。だからこそ、文字が伝えることの大切さを認識しなければいけないとも感じています。人様に見せるものに対する、自分の姿勢が表れてしまう気がしてなりません。

ならば私は、知的で古風な女性を感じさせる美しい文字に憧れます。さらっと書いた手紙から、その「人となり」として大人の女性がもつ優雅さが、垣間見れるような美文字が書ける自分になりたい。美しいと他人が感じるのは、容姿だけではありません。特に年を重ねればなおさらの事。私から受け取った手紙をみて、「この人って、なんだかおっちょこちょいで雑な人ね」と思われる女性にだけはなりたくないな。

そんなことを本気で考え始めました。