湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > MY LIFE > 思い出とレシピ

TOWNY MYLIFEタイトル

雑誌バイザシーにて「+湘南SPICE」を連載中の
技拓株式会社、白鳥ゆり子社長のエッセイ。
スローライフの楽しみ方は必見。

TOWNY MYLIFEプロフィール写真
TOWNY MYLIFEプロフィール

本物の湘南スタイルを提唱する注文住宅 技拓株式会社 代表取締役。主に、家づくりのソフト面となるライフスタイルの提案を担当。心が豊かになる暮らし方、湘南での楽しみ方をコラムやイベントを通して紹介している。ブログはこちら

vol.
061

思い出とレシピ

若い頃、料理本を買い込んだり、雑誌のレシピを切り抜いてスクラップしたり、ノートに書き写したりよくしたものだ。それらは、引っ越しをするたびに持って行くものの、果たしてどれだけのレシピを試したのかというと、半分にも満たないのかもしれない。

ここ数年は特に、忙しさにかまけて、メニューがマンネリ化しつつあり、手際よく作れてしまうことが最優先になっていくし、保存食の活用をよしともしていた。働く女性の技でもあると。
先日、棚の整理をしながらそれらの本を引っ張り出し眺めていると、高校生の頃に書き写したレシピもあって、懐かしさで思わず見入ってしまった。とくに料理教室に通った経験もないので、自分が美味しそうと思うレシピばかりが、古いノートにびっしりと書き出され、若い頃の自分が微笑ましい。

そんなわけで、昔書きとめたレシピを試したくなり、最近夜分に作っている。
何度も繰り返し作った料理。美味しかったのに1度しか作らなかった、凝った料理。はたまた、15年は作っていなかったケーキまで作って、クリスマスには必ず作っていたことを思い出し、バレンタインには、誰にプレゼントしたかを思い出し、結構楽しい。
昔よく作ったレシピ。結局試さなかったレシピ。もう数えきれないほどのストックがあるので、これを機会に、レパートリーを増やすのもいいかもしれない。

棚の本を整理するつもりが、結局は料理本を広げて、また料理をしたい気持ちが湧いてきたのは、暑さが和らいできたせいか。今度は、秋に楽しむレシピを、探してみようか。