湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > MY LIFE > 「羊毛フェルト」

TOWNY MYLIFEタイトル

雑誌バイザシーにて「+湘南SPICE」を連載中の
技拓株式会社、白鳥ゆり子社長のエッセイ。
スローライフの楽しみ方は必見。

TOWNY MYLIFEプロフィール写真
TOWNY MYLIFEプロフィール

本物の湘南スタイルを提唱する注文住宅 技拓株式会社 代表取締役。主に、家づくりのソフト面となるライフスタイルの提案を担当。心が豊かになる暮らし方、湘南での楽しみ方をコラムやイベントを通して紹介している。ブログはこちら

vol.
026

「羊毛フェルト」

最近、夢中になることってありますか?私またまた出会ってしまいました!この10年くらいの間、色々なことに挑戦すると新しい発見があり、今でも続けていることが多いです。たとえば石けんづくりだったり、保存食づくりだったりといろいろありますが、今回もビビっときてしまいました。

それは、今更ながらフェルトニードル。一時期ものすごく流行っていたと思いますが、その時は何も響かなかったのに、とある外国の作家さんの作品を見て、衝撃を受けたというか、心に刺さったというか。日本のものはゆるキャラ的なものが多くて、そういった「かわいい」があまりわからない私にとって、ずっとスルーする存在でした。

ただ、そこへ今回海外の写真や動画で、リアルな動物や海外の絵本に出てきそうなネズミを発見して、電撃が走ってしまったのです。こんなものを作ることができるのか!とね。で、初めての挑戦でまずは、テディベアらしいものを作ってみたのですが、やっぱりリアル熊が作りたい。そこでますます作家になってやるくらいのつもりで、火が付いてしまったわけ。作家になるかどうかはさておき、私の中では久々のヒットです。針を使って羊毛を固めて形にしていく作業なんて、無心になってどんどん時間が経っている。若干老眼で見えづらいという難点はありますが、この細かな作業がたまらなく好きだという自分を発見してしまいました。

もともと大の動物好き。飼えない動物もいっぱいあるのだから、自分で作ってみるのもありかもね。または歴代のペットたちを再現するのもいいだろう。そんなことを考え出したら、夢まで毎日そのことばかり。早く上達したくてたまらない大きな野望を持ってしまった芸術の秋でした。