湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > MY LIFE > 「WECK瓶を使って」

TOWNY MYLIFEタイトル

雑誌バイザシーにて「+湘南SPICE」を連載中の
技拓株式会社、白鳥ゆり子社長のエッセイ。
スローライフの楽しみ方は必見。

TOWNY MYLIFEプロフィール写真
TOWNY MYLIFEプロフィール

本物の湘南スタイルを提唱する注文住宅 技拓株式会社 代表取締役。主に、家づくりのソフト面となるライフスタイルの提案を担当。心が豊かになる暮らし方、湘南での楽しみ方をコラムやイベントを通して紹介している。ブログはこちら

vol.
031

「WECK瓶を使って」

「WECK」というドイツ生まれの保存瓶をご存知ですか?見ためがかわいいので、いろいろな用途で使っている方も多く、プレゼント用の容器や、見せて飾るにもお洒落なアイテムです。  実はこの瓶、研究が重ねられて、非常にシンプルで安全な密閉法により、調理された食材を長く保存することができる優れものなんです。市販の瓶詰めと同じことを自宅でできるわけ。それって素晴らしいことだと思いませんか?食材を調理して適正な脱気方法で瓶詰めすると、3ヶ月から半年は楽しめる。

私は休みの日に作り置きした食材を、長期保存用に小分けすることもしばしば。しかも常温で保管ができるのはありがたい。

またこの瓶はスタックができるので、冷蔵庫の中でも、作り置きした脱気なしの料理も並んでいます。瓶も大きさや形などが いろいろあり、物に合わせ、生活スタイルに合わせて、作り置く事が出来ます。

普段仕事で遅くなるため、1人前用に小分けしたトマトソースを使ったり、スープを温めたり、おかずでもデザートでも、もちろんジャムなんかも長期保存が可能なので、疲れて帰ってきてもすぐに食事にありつけます。嬉しいのは、旬の食材を長く楽しめる事。これは、本当にWECK様様だと思う瞬間です。  時間と知恵を上手に活用して、豊かな暮らしを愉しむ。こういう暮らし方に贅沢を感じています。