湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > MY LIFE > 『メイド・ローカリ―』

TOWNY MYLIFEタイトル

雑誌バイザシーにて「+湘南SPICE」を連載中の
技拓株式会社、白鳥ゆり子社長のエッセイ。
スローライフの楽しみ方は必見。

TOWNY MYLIFEプロフィール写真
TOWNY MYLIFEプロフィール

本物の湘南スタイルを提唱する注文住宅 技拓株式会社 代表取締役。主に、家づくりのソフト面となるライフスタイルの提案を担当。心が豊かになる暮らし方、湘南での楽しみ方をコラムやイベントを通して紹介している。ブログはこちら

vol.
028

『メイド・ローカリ―』

地元で作られたものを、日常的に暮らしに取り入れていますか?

グローバル社会の発展に伴い、ネット通販も一般化したなかで、どんなものでも簡単に手に入りやすくなりましたよね。もちろん私も活用しているし、今までなかなか手に入らなかったものを楽しむということが安易になってきました。それはそれで、大変いいことだと思っています。

物流に関して言えば、離島は別としても、住む地域によって格差はだいぶ減ってきたし、暮らしを愉しむうえで物流のグローバル化は、本当に有難いことだと思います。でも、その代りにどこへ行っても同じものが大量に流通し、情報が溢れ、地方性というものが薄らいできたのも事実ですね。そんな中で、人々が徐々に自分の足元である地元の良さを再確認し、『メイド・ローカリー』への注目度が上がっていることは、当然の現象なんだと思います。そして、私ももちろんその一人であって、最近、湘南のことを知っているようで、未知の世界がまだまだたくさんあることに気が付いてきました。テレビや雑誌で取り上げられる湘南は、どこも似たり寄ったりで、一度注目を浴びたお店やスポットばかり。でもせっかく地元に住んでいるのだから、地元で作られているドローカルなものにもっと着目するべきなんだと、最近強く感じています。地産地消がクローズアップされてから久しいですが、必ずしも地産でなくとも、湘南に住む人によって作られた価値ある商品を、地元の人間がこよなく愛する。マスメディアに取り上げられたものだけが、一過性の行列やお土産で留まらず、地元できちんと消費していくという形が定着していくことが、とても重要なんだなと。

たとえば、地方の新鮮な野菜を取り寄せるのも悪いことではないけれど、それが地産で簡単に手に入るようになったらもっと素敵。地元産のものだけを使った料理が食べられるお店や、地元で採れたもので出来た商品とかそういったものが、あるネットワークの中でもっと簡単に手に入ることができたら、もっと地産地消が広がるのかなと。個人商店の商品にとどまらず、湘南で活動している作家さんの作品なども含めて、点在する良質な品々がまとまって選ぶことができる拠点が、もっともっと増えてくれたら嬉しいなぁ。なんてことを最近考えているのです。観光客のためでなく、ローカルのための日常のための「メイド・ローカリ―」を応援して、地元がもっと活性化したら素敵ですよね?