湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > MY LIFE > 心の準備

TOWNY MYLIFEタイトル

雑誌バイザシーにて「+湘南SPICE」を連載中の
技拓株式会社、白鳥ゆり子社長のエッセイ。
スローライフの楽しみ方は必見。

TOWNY MYLIFEプロフィール写真
TOWNY MYLIFEプロフィール

本物の湘南スタイルを提唱する注文住宅 技拓株式会社 代表取締役。主に、家づくりのソフト面となるライフスタイルの提案を担当。心が豊かになる暮らし方、湘南での楽しみ方をコラムやイベントを通して紹介している。ブログはこちら

vol.
037

心の準備

 愛犬がもうすぐ15歳になります。歳のわりには元気だと思っていたのですが、去年あたりから体調を崩すことが多くなってきました。犬は人間の4倍の速さで年を取るそうです。速さが違うことを頭では分かっていても、老いへの変化に意識がついていけません。我が家の愛犬は毛艶もよく見た目が若いので、私もついつい、まだまだという気持ちにさせられてしまいます。
 が、ここ数か月ほど何かが違う。何をするにもなんとなく違う。私には、彼が徐々に無口になっていくのを感じました。耳が急に遠くなったせいかと思いつつも、何か気になり病院に行くと、

もう脾臓が破裂しそうだということで緊急手術へ。悪性リンパ腫が原因で、1か月ちょっとで急に5倍に腫れ上がったようだとのこと。余命半年ほどと宣告を受けました。子供のようにペットを思う人は多いでしょう。可愛くて赤ちゃんのようなのに、ペットが知らず知らずに老いてしまっている。それを頭ではわかっていても、やはり実感するのはこういう時なんですね。
 半年といっても、彼にとっては2年。転移が始まっているので、宣告は的外れではないのだと思います。愛犬にとっての2年、
私にとっての半年。どう向き合うか、心の準備期間に入ったんだと自分に言い聞かせています。ひょっとしたら、破裂して助からなかったかもしれない命。拾った命と思って、残りの時間をお互いができるだけ満足して、楽しく過ごせたらいいなあと思って
います。