湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > MY LIFE > 石けんづくりの季節

TOWNY MYLIFEタイトル

雑誌バイザシーにて「+湘南SPICE」を連載中の
技拓株式会社、白鳥ゆり子社長のエッセイ。
スローライフの楽しみ方は必見。

TOWNY MYLIFEプロフィール写真
TOWNY MYLIFEプロフィール

本物の湘南スタイルを提唱する注文住宅 技拓株式会社 代表取締役。主に、家づくりのソフト面となるライフスタイルの提案を担当。心が豊かになる暮らし方、湘南での楽しみ方をコラムやイベントを通して紹介している。ブログはこちら

vol.
049

石けんづくりの季節

 ふと気がつけば、夜中まで鳴きやまなかった蝉の声が涼しげな虫の声に変わり、あっという間に秋へと移り変わっていました。

 こうして涼しくなってくると、秋冬用の石けんを仕込む季節です。夏にダメージを受けたお肌の回復を願って、どんなオイルを使おうか、香りをどんなイメージにしようかなど、作り出す前にゆっくり考える時間が好きです。最近は、すっかり米ぬか石けんが定番となり、それ以外のレシピをあまり作らないのですが、それでも、季節で変化を付けます。米ぬかの量や選ぶ精油、石けんとして鹸化させないオイルなどを変えて、効果をチェックするのも楽しみでワクワクします。

 私のオリジナルレシピには、大変贅沢な石けんレシピもあります。オイルも厳選し、高価なローズ精油を贅沢に使っているので、使用時にはお風呂場全体にいい香りが漂います。それだけで女性って、なんだか嬉しくなってしまうもの。気持ちが沈んでいる時でさえ、ちょっぴり元気にしてくれます。

 お風呂の時間を大切にしたいので、私にとって石けんは重要なアイテム。泡立ちや香りを感じながら、疲れを癒す時間。バスタイムは、自分と向き合うことを大切にする時間といっても過言ではないかも。一日の締めくくりを気分よくしたいので、この秋もまた丁寧に仕込んでいきます。