湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > スタッフコラム > 「花粉~☆」

TOWNY今月のスタッフコラムタイトル

TOWNY今月のスタッフイラスト
担当スタッフのアイコン

「花粉~☆」

コラム担当:長谷川

 早いもので2015年に入って3ヵ月目に入りました。
ついこの間、年末…お正月…だった気がするのですが…時が経つのは早いものですね。
年齢を重ねたせいか特に最近1年が早く感じます(笑)

長い冬も終わり暖かい春がやってきましたが…この時期になると困るのが花粉症ですよね。今年の飛散傾向を調べてみたら、平年の1割増、東日本は3割増とやや多い予想されていて、最も花粉飛散量が多いのは関東、平年より5割も増加する見込みらしいです!この記事を書いている2月中旬の今、すでに飛んでいるようで弊社社長…目がかゆい模様…。

私も毎年花粉が飛ぶ時期になると鼻がムズムズするのですが、アレルギー検査をしてもスギ花粉もヒノキ花粉も陰性なので、ただのアレルギー性鼻炎みたいです(笑)

花粉症について調べてみると、日本人の4人に1人は花粉症らしいです。ほとんどの人が花粉症ということですね…。なぜ増えたかというと、戦後木材の需要増加に合わせて成長が早いという理由で人工的にスギの木が沢山植えられたそうですが、安い輸入材などが入ってきて需要が無くなり切り倒されることなく花粉を飛ばし続けているそうです。放置すればするほど花粉も増えていくそう…。考えるだけでムズムズしちゃいますね。

昔から自生していたスギやヒノキですが戦前は花粉症という言葉すらなかったそうです。昔はちゃんとバランスが取れていたんでしょうね。
先日テレビでやっていたのですが、宮崎県で活動している花粉撲滅センターという団体が寄付を募ってスギやヒノキを伐採、整備しているとのこと。すべてを伐採するのではなく調査をして整備が行き届いていないところなど、影響を及ぼしているところを伐採し、伐採した後は自然に任せて樹木を育成しバランスのとれた森林に再生し、花粉症を撲滅していこうという活動をしてるそうです。

ただ、なかなか募金が集まらず活動に支障を来しているとのことでテレビで紹介されていたのですが、よくよく聞くと杉の木1本あたり約100円で伐採できるとのこと!伐採した木は職人さんが手作業で作品を作り展示販売し、さらには国産杉の魅力を海外に発信しているそうです☆整備することで花粉飛散も減り、花粉症の症状も緩和出来て、伐採した木も利用できれば一石二鳥ですね♪

この活動が全国的に広がれば、いつか花粉症が無くなるときも来るのでは!?