湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > スタッフコラム > 紫外線☆

TOWNY今月のスタッフコラムタイトル

TOWNY今月のスタッフイラスト
担当スタッフのアイコン

紫外線☆

コラム担当:長谷川

もう5月!

今回のコラムを書いているのは4月上旬で桜も散り始めたころですが、寒の戻りで肌寒い日が続いています。
このタウニーがお手元に渡るころには暖かくなって、ゴールデンウィークも終わり抜け殻になっている頃でしょうか?笑

そろそろ苦手な暑い夏が迫ってきていますが…それ以上に紫外線が気になる季節です。4月~9月が年間紫外線量の70%~80%が降り注ぐ危険な時期だそうな!
子供のころは日焼け止めも塗らずガンガン陽に当たって遊んでいましたが、そのツケか…年々シミが気になりまして。今更ながらですが日焼け止めを年中塗ったり、シミに効く化粧品を使ったりと対策はしていますが…一度出来てしまうと、なかなか手強いシミです。。。

昔は日光浴や子供の日焼けは骨を丈夫にしたりと健康に欠かせないと信じられてきたそうですが、実のところ、古くからの言い伝えで科学的な証拠はなにもないそうです。調べてみると母子手帳からも日光浴という記載から外気浴という表記に変わっているんですね。
自分の時はどうだったか母に聞いてみると、よく日光浴していたそうです…。

昔に比べたらオゾン層の破壊などで紫外線量も増えているのは確かですが、今は不必要な直射日光は避けたほうがいいということですね。
さらに一説には生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びるそうで、その量によって後年の皮膚がんや眼のダメージ(とくに白内障)発症のリスクを高めるそうな。
生活していく上で欠かせない太陽光。日焼け対策などをして上手に付き合っていかないといけませんね☆