湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > いよいよ本番、暑~い夏!!暑さに負けない!?「夏バテ対策」

いよいよ本番、暑~い夏!!暑さに負けない!?「夏バテ対策」

vol.10特集記事写真01●敷布団の湿度がカギ
人は一晩にコップ一杯分もの汗をかきます。気温の高い夏は、なんと2倍にも。敷布団には、その汗の約70%が吸収されるため、敷布団の湿気を取り除くこと。汗をしっかり吸収、発散してくれる、麻パットなどを使うと良いです。晴れた日は、敷布団を充分に干しましょう。

●頭寒足熱に氷枕?
頭を冷やすのは気持ちがよいのですが…氷枕などで冷やし過ぎると、頭や肩の血行が悪くなり、頭痛や肩こりを招くことがありますので、注意が必要です。枕も汗の吸湿、発散性の良いものを選んでください。枕カバーには、綿や麻など、天然素材のものを選びましょう。

●できるだけ汗をかくように
冷房が効いたオフィスや家の中で一日中過ごしていると、夏でもほとんど汗をかかないことも。発汗は、体温調節という重要な役割を担っている為、汗をかかないでいると自律神経のバランスが乱れてしまいます。適度な運動をしたり、暖かいものを食べて、汗をかくようにしましょう。

vol.10特集記事写真02●食生活の見直しを
熱いと食欲がなくなり、冷たいものばかりに手がのびてしまいがち。しかし、これでは消化能力を低下させ、胃腸を壊し食欲不振を招くという悪循環に。内臓を活性化させるため、暖かいものやスパイスの効いた食事、疲労物質を代謝するビタミンB1をとるよう心がけましょう。

●暑いときこそのんびりお風呂に
暑いときはシャワーだけなんて方も多いと思います。しかし、ゆっくりお風呂に入ることも、夏バテ防止、解消法の一つです。入浴は、筋肉にたまった乳酸などの疲労物質を取り除き、疲労回復を早める効果があります。37℃~38℃のぬるめのお湯に、20分ほどつかる半身浴がおススメです。

●自然の風を利用しよう
昔の生活は、自然の風を上手に利用して暑さを凌いできました。打ち水をして自然の風を利用してみましょう。最近では、植物を建築物の外側に生育させることにより、建築物の温度上昇抑制を図る手法、グリーンカーテンなどもおススメです。省エネルギーのためにも、ぜひ、お試しくださいませ。

vol.10特集記事写真03vol.10特集記事写真04