湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > ハチに刺されたら 尿をかける!?

ハチに刺されたら 尿をかける!?

アウトドアの『危険な生き物』対策
野山の少年最終

【野山で】

野山の蜂最終●ハチやアブに刺されないようにするには…
ハチは黒くて動くものに敏感に反応します。黒っぽい色の衣装やヒラヒラと
するものは、身につけないようにしましょう。頭部は攻撃されやすいため、
帽子を着用すると効果的です。白や黄色、銀色などに対しては反応が弱く、殆ど攻撃しません。
また、化粧品や汗の臭いにも反応するので要注意。

●ハチやアブに刺されたら…
①針が皮膚に残っていたら、抜けやすくするため、患部を広げる
ように皮膚を引っ張りながら、
ピンセット等を使って抜く。針に袋がついている場合、毒が入
っているので破いたり押しつぶしたりしないように注意する。
②毒を絞り出すように流水で洗い流す。
③薬(抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏)を塗る。
④腫れや痛みを和らげるため、患部を冷やす。
「ハチに刺されたら尿をかける」などと聞くことがありますが、科学的に効果がないことが分かっています。

●毛虫や毒蛾に触ったら…
①こすらず流水で洗い流す。洗っても毛が取れない場合は、セロハンテープなどを貼り、はがしながら取る。
②薬(抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏)を塗る。
③痛みや痒みを和らげるため、患部を冷やす。

水で流す最終

●動物に噛まれたら…
<傷が小さく出血も少ないとき>
①傷口周辺の皮膚をつまんで、血を絞り出すように流水で洗い流す。
②消毒後、傷口を清潔なガーゼなどで保護して病院へ。
<傷が大きく出血も多いとき>
①傷口を清潔なガーゼなどで覆う。
②傷口を心臓より高く上げ、止血しながら出来るだけ早く病院へ。

●毒蛇にかまれたら…
毒が全身に回らぬ様、患部もできるだけ動かさず安静にし、出来るだけ早く病院へ。患部付近をきつく縛ったり、口で毒を吸い出したりすると、
逆に危 険な場合があります。

【海で】

海のクラゲ最終●クラゲやイソギンチャクに刺されたら…
①患部を流水で洗い流す。あれば酢をかけて毒を中和する。
②薬(抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏)を塗る。
③腫れや痛みを和らげるため、患部を冷やす。

【ショックに注意】

傷を負って数分~十数分後に、局所的な痛みや腫れの他、気分が悪い、呼吸困難、発疹などの症状が出た場合はすぐに病院へ。
特にハチに刺された場合は要注意です。

海の少女最終

【持っていると役に立つもの】

消毒液・毛抜き・ピンセット・セロハンテープ・薬(抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏等)・清潔なガーゼ・酢やペットボトルの水等は、
水道のない場合に洗浄用として役に立ちます。

爽やかな季節を迎え、海へ山へと出かけることも多い時期。楽しい野外での行動には、身体に害を及ぼす生き物の被害に遭遇する危険が潜んで
います。野外で安全に過ごすため、予防策及び対処策を準備しておきましょう。

監修:東京医科歯科大学大学院教授 国際環境寄生虫病学 藤田紘一郎 氏