湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 心当たり… ありませんか?「食欲の秋」食生活の点検を!

心当たり… ありませんか?「食欲の秋」食生活の点検を!

vol.24特集記事写真05昨今、まだまだ暑さの残る9月。とは、暦の上では秋。
美味しいものがたくさん実る季節。食欲も増し、体型が気にならなくなるのもこの時期。そこで、食生活を見直してみては如何でしょう?

vol.24特集記事写真04

【太りやすい人・太りにくい人】
基礎代謝と並んで太りやすい・太りにくいに関係するのがDIT(食事誘導性熱産生)です。食事を摂ると汗をかくことがありますが、それがDITで、消化吸収をする過程で出る汗のことです。個人差があり、たくさん熱を発する人ほど同じものを食べても発散分が多いので吸収分が少なくなります。要するに、体温が上がりDIT反応が高い人が太りにくいということです。DITは、年齢が高いほど低くなり、脂肪質の人より筋肉質の人の方が高く、食事時間や食べ方でもDITは変わります。

vol.24特集記事写真03・DITは朝から夜にかけてだんだん低くなる。
・温かいものを食べることでDITは高くなる。
・タンパク質を多くとるとDITが高くなる。
・食事の前の軽い運動でDITが高くなる。 等々

vol.24特集記事写真01【食事の改善】
肥満の多くは交感神経の働きが低下しています。この交感神経の働きが鈍ることで、活動的ではなくなり体重が増える、すると、さらに交感神経の働きが鈍る、という具合に悪循環に陥ります。毎日の慌しさの中で食事がおろそかになり、好きなものばかりを選んで食べていると、知らず知らずのうち身体に負担がかかりまvol.24特集記事写真02す。このような偏った食生活が、生活習慣病の原因ともなり得ますので、豊富にある食材の中から何を選びどう食べるかが重要になってきます。

・早食いでお腹いっぱいまで食べる。
・毎日毎食、好きなものばかり食べる。
・こってりした料理を好んで食べる。 等々

心当たり… ありませんか?

私たちが食す食べ物が、私たちの身体をつくっています。この食に関しても、様々な情報が簡単に入手できる昨今では、昔の精進料理のようカロリーは少なく、腹6分目に節制すべきとも。自分や家族の大切な身体、健康を守るため、日常の食事を点検する習慣をもち、食生活をしっかりと見直してみましょう。