湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 日本人の「お風呂習慣」が 癌細胞を殺す!?

日本人の「お風呂習慣」が 癌細胞を殺す!?

%e4%bd%93%e6%b8%a9%e8%a8%88%e6%9c%80%e7%b5%82■癌細胞は毎日増殖する

通常の細胞ではない癌細胞の前段階の細胞は、毎日約3000~5000個も作られています。その後、癌細胞にとって居心地の良い体内環境でいれば、この細胞は活性され増殖します。この細胞を除去してくれるのが免疫細胞です。免疫細胞と癌細胞は簡単に言うと正反対の状況を好みます。それでは、癌細胞を死滅させるにはどうしたら良いでしょうか?

■癌細胞を死滅させる方法とは?

様々な情報がありますが、手軽に実践できる方法は身体を温める事。体温を1度上げるだけで、免疫力は5~6倍になるという説があります。癌細胞を死滅させる温熱実験は数多く行われており、おおよそ39度で悪性細胞は衰え始め、42度で死滅するという結果が出ているそうです。

■日本人のお風呂習慣が癌細胞を殺すヒントとなった?

%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%822%e6%9c%80%e7%b5%82
「身体を温めると癌細胞が死ぬ」という研究が話題となったのは10年程前からですが、それ以前の第二次世界大戦後間もなく実験されて明らかになっていました。この研究のヒントとなったのが、日本人の熱い風呂に入る習慣からだと言われています。
第二次世界大戦前にフランスの医師パスツール、ジョリエが実験し、その後、ドイツのアンリ・ランペール教授が2次大戦中に自分の腸チフスや兵士達の腸チフスを熱い風呂(43度)に入らせる事で治してきました。彼は、熱いお風呂に入る習慣のある日本人の癌の発症率が他国と比較し20倍も低い事に注目して研究したと言われています。その結果、ガン患者を徐々にお湯の温度を上げながら36度~42度の風呂に入浴させ、体温が39度にまで上昇すると悪性細胞は衰えはじめ、42度で死滅する事を発見しました。

 

%e9%a2%a8%e5%91%82%e3%81%ab%e6%b5%b8%e3%81%8b%e3%82%8b%e6%9c%80%e7%b5%82■良い細胞に対する影響は?

癌細胞を死滅させても、正常の細胞まで死んでしまっては意味がありません。正常の細胞は44度までは体温の上昇に絶える事ができるそうです。しかし、風呂に浸かり過ぎて、あまりにも高く体温を上昇(42度以上)させると、身体への負担が大きくなり逆効果です。免疫細胞が活性する38.5度まで体温を上昇させれば良いと言われています。風呂に浸かる前に炭酸水や温かい飲み物を飲み、お湯の温度を40度~43度に設定し、全身浴で10分ほど入浴すれば、体温は38度以上まで上がります。(個人差があります)

出典:世界が注目「癌細胞を死滅させていた」日本の習慣とは?|国際医療 Specialist Moe!