湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 人は生まれながらの 肉食動物?

人は生まれながらの 肉食動物?

人の身体に『肉』は必要か…?

人間の身体には肉が必要?人間は生まれながら肉食動物なのでしょうか…?

食事をする女の子最終人間の歯や顎は、狩りに適した能力を備えていますか?目は獲物を素手で捕らえることに適しているでしょうか?胃酸の濃度や腸の長さは?・・死んだ動物を見て、美味しそう!と感じますか?生肉を食べても安全な酵素を身体が持っていますか?

【歯の形】
人間の歯は、動物を取って仕留めるキバはなく、草食に適した臼歯があります。顎の形肉食動物は、食物を噛まずに飲み込むので顎が発達しておらず臼歯もありません。人間には、食物繊維を咀嚼するための顎があります。また、肉食動物の顎は上下にしか動きませんが、人間や草食動物の顎は横にも動きます。これは穀物や草をすりつぶすためにある機能です。

【手】
人間には、動物ハンティング用の殺傷能力のある爪はありません。木の実や果物を採取できるように、親指を向かい合わせることができる手を持っています。これは、人間が動物肉を食べるのではなく、果物や野菜を採集するのに適していることを示しているのです。

【胃】
肉食には、胃酸を多く含む胃液が必要です。人間と草食動物の胃酸は、肉食動物の胃酸に比べ20分の1程度の濃度です。
【腸】
肉食動物は体内で毒素を作り出すので、短時間で消化・排出するために、高濃度の消化器官と短い腸が必要。この肉食動物の腸は体長の約3倍であるのに対し、人間の腸は、草食動物のように長く、体長の約12倍の長さの腸があります。

そもそも人間の身体のつくりが肉食動物と同等ではないため、本来、肉食は人間の身体に合いません。そして、多くの病気の原因が肉食とも言われています。環境破壊・飢餓・病気の原因である肉食を、減らす事、止める事を少し考えてみましょう。