湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の街の人 > 地震なんかぶっとばせ!タフに生き抜くための防災

TOWNY 今月の街の人タイトル

2014年
2月

地震なんかぶっとばせ!タフに生き抜くための防災

ソーシャルIT防災士/茅ヶ崎市防災リーダー
内野 義生さん

じしんつなみどっとこむ

jishin-tsunami.com/

地震なんかぶっとばせ!タフに生き抜くための防災

 ――防災とは、災害を未然に防ぐ目的をもって行われる取組――
 ここ茅ヶ崎を拠点に「地震津波防災警報スイッチオン!プロジェクト」を展開する「防災」のスペシャリストが内野さん。同プロジャクトは「いのちを守るため、覚悟し、伝え、
連携し、備える。自助力協助力UP、地震災害に強いタフな街へ。主体的市民が強力推進する」防災プロジェクト。IT業界に身を置く傍ら、2年前の富士山震源の地震が起きた時、強く「防災」を意識され、地震大国日本において、認識していなければならない数多くの情報や意識が全く不足している現状に気づき、日々精力的に活動をされています。
 「日本人皆が心配をしている地震。まずは災害に“備えて”Facebookなどのソーシャルネットワークで情報を“伝え”皆で連携していく。災害に強いタフな街づくりを!」と鼻息も荒く熱く語ってくれました。「うっちーの防災スイッチオン!」という番組名で茅ヶ崎テレビにも出演されています。詳細は左記HPから。