湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > スタッフコラム > 犬とキャンプとコオロギ

TOWNY今月のスタッフコラムタイトル

TOWNY今月のスタッフイラスト
担当スタッフのアイコン

犬とキャンプとコオロギ

コラム担当:水上

スタッフブログお久しぶりです。水上です。
10月初旬新潟・津南でキャンプをしてきました。

朝晩は冷え込む予報だったので防寒対策しっかりしていきましたが、
薪を燃やしていれば星空も楽しんで観ることができました!

今回のキャンプ区画は犬を放せるように柵で囲われていたので、
我が家の犬はリードから解放され、柵内を自由に走り、放牧された牛のように
草の匂いを嗅ぎまわっています。なんだかとても楽しそうで尻尾もいつもよりブンブン振っています。しばらくすると、草むらに潜んでいるコオロギをみつけ、飛び跳ねたコオロギを捕まえようと飛びついたりしています。
まだまだ子供ね~ ♡ なんだか楽しそう ♡天然のおもちゃ見つけたのね ♡と、微笑ましく眺めていたら、
んんん??? エエエ!!!!ンギャーーーー!!!食べてる!!!!
バリバリ音が。。。。(汗) お願いだから食べるのはやめて。。。(涙)

余談になりますが、欧米では食用コオロギが牛肉の代替えになるとして、そのままの姿でスナック菓子として味付けされて販売されていたり、小麦粉ならぬコオロギ粉としてシリアルバーや、クッキーに練りこまれて高たんぱく低カロリー高栄養食として普通に店頭にならんでいるんですって!コオロギはエビのような味わいなんだそうです!
遠くない未来に食糧難を救う救世主にコオロギミートのハンバーグ等が登場し店頭にならぶ事もあるのだろうか?エビの味ならちょっと食べてみたいような気もしたりして、そんなこんなを考えたりしたキャンプでした。