湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 「お正月太り」を すっきり解消!水のないお風呂『岩盤浴』に行こう!!

「お正月太り」を すっきり解消!水のないお風呂『岩盤浴』に行こう!!

vol.04特集記事写真01

岩盤浴とは…
秋田県にある玉川温泉がルーツで、温めた板石を利用した、お湯のない温熱浴のこと。温石療法と蒸気浴を合わせたもので、足浴と全身浴があり、目的に応じて使い分けができ、遠赤外線効果で体の内側から温めて細胞を活性化させます。床暖房により岩盤を加温し、室温を40℃前後、湿度を60~70%に調整します。岩盤から放射される遠赤外線効果により、大量の汗が出て新陳代謝を活性化、自然治癒力を高められるといわれています。美向石を敷き詰めた室内から発する波動で、体内にある水分を活性化させ、栄養を取り解毒し排泄する細胞本来の働きを促します。血行を良くし、老廃物の排除や痛みの改善が行われ、疲労回復、健康増進、スキンケア、脱臭など、優れた効果を発揮します。岩盤浴で汗を出すと、新陳代謝を高める上に、体内に蓄積された有害物質を排泄されるため、脂肪が燃えやすくなるといわれています。また、放射線ラジウムにより半永久的に発生されるイオンの吸収により、ホルミシス効果が促進されます。ホルミシス効果で、電離放射線が電子やイオンを体内につくりだし、神経痛、リウマチ、高血圧、糖尿病、婦人病、便秘の解消、筋肉痛や肩こり、腰痛、冷え性の改善、がん予防など、そのほかさまざまな効能が期待できます。

岩盤浴のしくみエステをうける女性 普通のお風呂では、体の芯まではなかなか温まりません。岩盤浴では、遠赤外線の効果により、これを解消してくれます。遠赤外線の効果としてわかりやすいものに太陽光線があります。日光浴などで体がポカポカしてくることに同じく、細胞を活性化させ、血液やリンパの中の酸素を体の中に循環させ、流れをよくします。また、岩盤浴に使われる岩盤からは、マイナスイオンが発生し、マイナスイオンによるリラックス効果で免疫力アップを図ります。
入浴方法は…
まず、汗取りの良い服装に着替え、バスタオル、汗拭き用タオル、飲用水を持参。開始前に水分補給を忘れずに行いましょう。まず、石の上にタオルを敷いてうつぶせで5分。次にあおむけで10分。10分程度の休憩を入れて、2~3回繰り返すのが基本です。ポイントは、一度に長く入るより、数回に分けてはいること。また、岩盤浴で出た汗は肌の表面を保護し、肌がすべすべになるといわれていますので、すぐに洗い流さない方がよいとされています。

昔から利用されてきた『岩盤浴』。??????
お正月太りが気になっているあなた!
この機会に、ぜひ、お試しあれ。