湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 薬で病気は治らない!?

薬で病気は治らない!?

生活習慣病は根治できない理由…

水と薬2最終 日常の習慣から生じる生活習慣病。多くの人が「生活習慣病は、病院に行き薬を飲めば治る」と思い込んでいるため、さらに厄介なことになる。
細菌やウイルスによる伝染病・感染症の治療では、一定期間の薬の服用は大きな効果を発揮し、症状も消失する。一方、生活習慣に起因する慢性症状は、服用期間中に抑制されたとしても、飲むのをやめるとまた出現する。この場合、薬は対症療法に過ぎず、根本的に治したければ生活習慣を改善するしかない。しかし、多くの人が食生活の改善や定期的な運動などを面倒だと感じるため、安易に病院で薬をもらうという手段を選ぶ。だが、薬を飲み続けることは、異物を体内に入れ続けること。生活習慣病の症状を抑えるための継続的な服用は、体に弊害をもたらす危険をはらんでいる。

薬は体に大切な酵素を浪費し、免疫力を下げる。体への影響のひとつに、薬が酵素を大量に消費することが挙げられる。体内の酵素は、食べ物の消化、アルコールの分解、血液の産生、皮膚の新陳代謝など大切な役割を果たす。酵素には、もとから体に備わっている「体内酵素」と、食べ物から取り入れる「食物酵素」の2種類がある。さらに「体内酵素」は食べたものを消化・吸収する「消化酵素」と、体を正常に動かす機能を保つ「代謝酵素」に分けられる。「消化酵素」と「代謝酵素」は互いに密接な関係にあり、前者を使いすぎると後者が不足してしまう。人間にとって異物である薬は、食べ物と同様に体内で消化・吸収されるが、体は異物の分解に慣れていないため、それらを効率良く行うことができない。さらに、薬の解毒をする必要もあり、より多くの酵素を消費することが必要になる。「消化酵素」を大量に使用すれば、連動して「代謝酵素」も減少する。代謝が悪くなれば、体温の低下と血流の悪化につながり、最終的には免疫力の低下をもたらす。血流が悪くなると、血液によって全身に運ばれる免疫機能を持つ白血球の働きが鈍くなってしまうからだ。体温が1度下がると免疫力は30%減るといわれており、病気を治そうと薬を飲むのに、これが裏目に出てしまう可能性もある。

例えば頭痛薬。生活習慣病以外にもさまざまな原因が考えられる頭痛だが、脈打つような痛みは、頭部の血流が増えることにより起こる。そのため、頭痛薬は血流を抑制して痛みを抑える働きを持つが、この成分は頭だけに作用するのではなく、体のあちこちを巡って同じ作用を及ぼす。体中の血流が悪くなれば体温も免疫力も低下し、体本来の機能を妨げてしまう。そのため、頭痛薬を飲むことでさらに具合が悪くなる人もいるという。こうしたことからも、痛み止めの服用には十分な注意を。

<参考文献:幸食研究所 http://www.kousyoku.net/

如何ですか?単に薬で病気は完治できません。「なぜ体の調子が悪いのか」原因を追求すると、必ず食に繋がります。食を正し、免疫力を高めれば病気にならないのです。

人を良くすると書いて「食」。

間もなく迎える食欲の秋。これを期に、ご自身の「食」について見直してみてはいかがでしょうか?