湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 医者や薬に頼らず病気を治す!?
〜「病気を癒す」「病気を改善する」

医者や薬に頼らず病気を治す!?
〜「病気を癒す」「病気を改善する」

医者や薬に頼らず病気を改善、「病気を癒す」「病気を改善する」方法は5つ。その内容とは、①「ファスティング(断食)※少食」②「笑い」③「感謝」④「長息」⑤「筋力トレーニング」で改善します。

断食最終

①ファスティング(断食)

万病を改善する妙法。病気になっても「食うな」「動くな」「寝てろ」の3つで、免疫力、排毒力が増強します。少食のプチ断食でも、目を見張る効果があります。風邪、腹痛、下痢、頭痛、便秘、アトピー、水虫、腰痛、うつ、糖尿病、心臓病、肝臓病、透析患者等々、ファスティングは現在、ガンにまで効果があると。不妊症やEDまでも改善すると言われています。

②笑い

笑えばガンも治る?!ガンと闘うNK細胞は「笑い」で6倍にも増えます。免疫力がアップし、アトピー、リウマチ、糖尿病、高血圧など、あらゆる病気が快方に向かいます。「笑い」の医療効果に驚嘆です。

感謝最終

③感謝

「ありがとう」が万病を癒す〝魔法の言葉〟。感謝の心が難病も治す。そのメカニズムは最新脳科学で立証されています。

④長息

息を深く、長く吐く。それだけで副交感神経が働き、血行が促進され、あらゆる病気が改善します。万病は低血流、低酸素から発症するからです。坐禅を組んで、静かに自分の息を勘定する修養の方法、呼吸を数える数息観がおすすめです。

筋トレ最終

⑤筋力トレーニング(筋トレ)

筋肉からは病気を治す若返りホルモンが放出されます。それは、筋肉量と活動量に比例します。病気、老化の大きな原因が筋肉の衰え。筋肉を鍛え、増強すれば、若さの治癒ホルモンが出て、病気も改善します。

以上、病院に行かずに病を改善する療法。これらを総合して行うことで、奇跡的(本来の人間の機能)な治癒効果を発揮する筈です。

参考文献:幸食研究所 http://www.kousyoku.net/

健康最終