湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 平均20~30回「寝返り」
寝相の悪さは健康の証!?

平均20~30回「寝返り」
寝相の悪さは健康の証!?

68_top_01
人は一晩に平均20~30回寝返りを打っています。寝返りが私たちの生命維持に大変大きな役割を果たしていることをご存じでしょうか?

眠っている間に、私たちの身体は成長ホルモンの分泌、体内組織の修復、疲労回復、免疫力を高める、記憶を整理する等、様々な活動を行っています。

これらの動きを合理的に行うために、寝返りはとても重要です。寝返りによって、血液やリンパ液、関節液などの循環を促すのです。

寝たきりのお年寄り等は、寝返りが打てないために、「床ずれ」が生じます。また、寝返りには体温調整の機能もあります。長時間同じ姿勢で横たわっていると、身体の下になった部分に体温が籠ってしまう。したがって、向きを変えることで、体温を一定に保とうとするのです。さらに日中、立って活動している間に脊椎や椎間板、筋肉などに歪が生じる為、これらを万遍なく休め、翌朝、本来の状態にリセットする為にも、自由に寝返りを打つ必要があるのです。

68_top_02

目覚めた時、腰が痛くてなかなか起き上がれなかったり、肩こり、頭痛、目の奥の痛み等の症状はないでしょうか?或は、手が痺れていたり、肘が曲がらない、腕が伸びない、腕が痛い、顔の側面が痺れている、耳が痛い等の症状はないでしょうか?これらの症状は全て、自由に寝返りが出来ていない事と関係しています。

68_top_03

このような事から、子どもの寝相が悪いのは、寝返りができている証拠とも。

枕や寝具など、寝返りの出来ない、寝返りし難い環境ではないか否か、この機会にチェックしてみてはいかがでしょう?

参考文献:幸食研究所
http://www.kousyoku.net/

68_top_04