湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 味噌のパワー!!抗ガン作用も!? 「健康を保つ薬」味噌の健康効果

味噌のパワー!!抗ガン作用も!? 「健康を保つ薬」味噌の健康効果

昔から日本の暮らしに深く根付いてきた味噌。現在のように調味料として使われることが主体になった歴史は浅い。昔はむしろ、おかずとして食べる「なめ味噌」として発達した。「金山寺味噌」「鯛味噌」「鰹味噌」といった名物味噌は、なめ味噌の一種である。東北地方では、山に行くときにご飯と味噌だけを持って山仕事をしていた暮らしぶりが伝えられている。他にも、日常食はご飯のおかずが味噌であったという地方がいくつも。肉食が禁じられ、魚も滅多に手に入らなかった時代、庶民にとって味噌は貴重なたんぱく源だった。

そして、「味噌の医者殺し」と言われるように、病気を防ぎ、健康を保つ薬として重宝されていた。

この味噌には、米味噌、麦味噌、豆味噌などさまざまな種類があるが、何れも大豆を使う点では共通しており、この主材料である大豆そのものが、良質なたんぱく質や脂質、糖分、ビタミン、ミネラルなど栄養豊富な食品。そこに発酵という微生物の働きが加わることによって、栄養分は消化吸収しやすい組成に分解されると共に、栄養価もさらに高まる。

発酵とは、多種多様な微生物が、多量の栄養成分を生産し、食品の中に蓄積する工程とも言える。

さらに驚かされるのは、味噌が日々の健康維持に有効なだけではない事。現代人を悩ませるガン、高血圧、脳卒中、糖尿病、脂肪肝、ボケ等の予防効果、コレステロール抑制等、生活習慣病予防にも強い味方となる成分が豊富に含まれていることが、様々な研究の結果分かってきている。

・味噌の抗ガン作用に関する研究

味噌には、発酵によって「脂肪酸エチル」という物質ができる。これは、ガンを引き起こす変異原の力を抑える作用があると言われている。また、酵母、乳酸菌、麹菌には、変異原性物質を除去する効果に期待。1981年には、ガン学会で味噌汁を飲む回数が多い人ほど、胃ガン死亡率が低くなるという調査結果が報告されているほか、ラットを使った動物実験でも、ガン発生率が減少することが確かめられている。

このように味噌は当にこれからの健康が心配な人にはピッタリな食品。日本人の食事の定番であり、外食でも簡単に摂り易い味噌の秘めたるパワーを見直してみては?…

参考文献:幸食研究所より