湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > ― 「五月病」の対策に5つの方法 ―
今日から始めるストレスの対処法とは

― 「五月病」の対策に5つの方法 ―
今日から始めるストレスの対処法とは

精神的ストレスや身体的ストレスが重なり、様々な理由で脳の機能障害が起きている状態。
食欲がない、気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない、眠れない、この様な気分が長きに続く場合、鬱病が起きている可能性があります。

新年度を迎えて環境が変わり、5月の連休明け頃からスランプ状態に陥るのが「五月病」。働き盛りの世代では、仕事上のストレスをきっかけに「五月病」を発症するケースが。抑鬱気分、興味・喜びの喪失等、毎日続くと対策が必要。

テキサス大学の精神療法士であるサンドラ ジェイン氏は、次のストレス対処法をアドバイスしています。

● 時間を上手に管理する

ストレスの原因の一つは、仕事への力の配分が適切でない事。ストレスを感じたら、仕事のスケジュールを見直して時間を合理的に配分すると効果的。仕事に行き詰った時には、適度に休憩をとり、気分転換を図ると脳が活性化されて余裕が出てきます。

● 他人と交流する

他人に話す事で抱えている問題の解決に集中し、混乱を整理出来ます。話せる相手がいない場合は自分の考えや気分について文章に書いてみると問題を明確になり、新しい視点をみつけるのに役立つかもしれません。インターネットを利用して他人と交流するのも時には効果的です。

● 運動を習慣化する

ウォーキング等の運動は、ストレスを軽減する効果があります。一回30分程度を
目標に、週5日以上行う事が勧められています。

● 身体をケアし生活を健康的に変える

健康的な食事と、質の良い十分な睡眠は、ストレス対策に効果のある事が多くの研究で確かめられており、ストレスに対する耐性を高めます。

● 呼吸を整える

過剰なストレスを感じて身体的な緊張を受けている際は、呼吸が浅くなります。身体の不調を感じている場合には深呼吸をしてみましょう。この深呼吸は最も身近なストレス対処法の一つです。

 

新しい環境への適応が上手く行かず、心身に不調が生じる「五月病」。この五月病から鬱病に移行するケースも…。

問題解決の糸口として、この5つの対処法を活用し、その対策に努めたいですね。