湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > ― 「長息は長生」深呼吸の効果 ―
生物の寿命と呼吸の深い関係とは?

― 「長息は長生」深呼吸の効果 ―
生物の寿命と呼吸の深い関係とは?

生命活動にとって欠かせない呼吸は日頃、誰もが無意識に行っています。現代では、この呼吸に対する意識が低くなった事もあり、普通に息をしている時は非常に浅い呼吸になっています。
ご存知の通り、肺は縦に長く、普通の呼吸ではこの縦長の肺が大きく広がりません。肺の奥底まで空気を送り込む事なく呼吸しています。この「浅い呼吸」による酸素不足こそが病気やストレスに繋がっていると言われています。特に頭は多量の酸素を必要としており、頭の中の酸素不足が体調不良や精神的なストレスの要因とも言われています。

呼吸と寿命の研究では、ゆっくり呼吸をするゾウは寿命が70年前後であるのに対し、呼吸の速いネズミは2~3年前後。また100年~300年前後生きるとされるゾウガメ等は、人間が平均、毎分15回の呼吸に対し、毎分
4~5回程の深呼吸だそう。このように、生物の寿命と呼吸は関係が深い
のです。

「深い呼吸(深呼吸)」の効果

①代謝アップで便秘を改善。

体内に多くの酸素を取り込む事で細胞が活発に働き、代謝が上がり脂肪が燃えやすい身体になります。
また、お腹の動きで胃や腸が刺激され、便秘の改善にも繋がります。

さらに腹式呼吸により腹筋も強化されます。

②ストレス緩和とリラックス効果

深いゆっくりした呼吸は、副交感神経(安静の神経)の働きを高めて免疫力を活性化させます。
また、筋肉の緊張を和らげ、心拍数の減少、血圧を下げ、ストレス緩和や安眠に繋がります。

③冷え症の改善

緊張が和らぐと、手足の毛細血管が開いて血流が良くなります。体中に熱が行き渡り、冷え症の緩和にも効果的。
また、内臓の血行も良くなり、消化活動を活発にします。