湘南のフリーペーパー TOWNY タウニー
コンテンツ一覧へ戻る
TOWNY PDF版最新号をダウンロード
TOWNYバックナンバーPDF版
TOWNY 茅ヶ崎版 ホームへ > 今月の特集記事 > 年々、人気が高まる『ハロウィン』
「仮装」は災いを遠ざけるため!?

年々、人気が高まる『ハロウィン』
「仮装」は災いを遠ざけるため!?

 

毎年10月31日に行われるイベントとして人気が高まるハロウィン。
このハロウィンには二千年以上の歴史があり、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭として行われ、古代ケルト人が起源と考えられており、秋の収穫をお祝いし、先祖の霊を迎えると共に悪霊を追い払う行事と言われています。

現在は10月31日がハロウィンとして定着していますが、日本で言うお盆にあたる時期で、正確な期間は10月31日~11月2日だとか。先祖の霊と共に悪霊が下り悪運をもたらすとされて、魔女や怪物等に仮装して悪霊を追い払うのが習わしに。悪霊と同じ格好に仮装して身を守る、悪霊がもたらす災いから遠ざけるという意味もあると。しかし、昨今では、こうした起因となる宗教観は薄れて娯楽イベントとなり、映画、マンガのキャラクター等の仮装をする様に。

 

更に、ハロウィンのシンボルとして思い浮かぶのはカボチャのランタン。
これ実は当初はカブで、アメリカにハロウィンが伝わり手に入り易かったカボチャになったと言われています。

また、「トリック・オア・トリート」の風習もアメリカだそう。日本では家を訪ね回る風習は定着していませんが、子供たちがお菓子を集めて回り、「トリック・オア・トリート」と言われた大人は「ハッピーハロウィン」と返し、お菓子を渡すのがルールだとか。仮装をして家を訪ね回りお菓子をもらえる、そんな「トリック・オア・トリート」は、現在でもアメリカの子供達にとってハロウィンの中心的なイベントの様です。

 

如何でしょう?この10月末に迎えるイベント、秋の終わりを感じながら惜しみつつも、大人は童心に返って、子供達と一緒にハロウィンの夜を思いっきり楽しみたいですね。